今のレーザー脱毛の進化に驚く!

最近、久しぶりにレーザー脱毛をして思ったことと言えば、「あれ?熱くない」ということですね。もしかしたら10年ぶりぐらいのレーザー脱毛だったかも知れませんが、昔のレーザー脱毛は痛いというより熱かったのです。

 

 

 

ですから、脱毛サロンの口コミ掲示板などにて、「どこどこのサロンのレーザーでヤケドした」といったようなコメントがあるのも、納得するところはありましたもん。

 

 

 

私が通っていたサロンは、大手サロンだったからでしょうか、それほど熱さのないレーザー脱毛器でしたから、とくに被害もないまま終わりましたが、粗悪なレーザー脱毛器を使っているサロンでしたら、器械が消耗してきたら、もしかしたらヤケドもあったかも知れませんね。

 

 

 

しかし、10年の間にレーザー脱毛はしっかりと進化していましたね。それは、抑毛効果についてもそうなのですが、なによりまずは「熱さ」がやわらぎましたもの。以前のように、脱毛をおこなう部分を照射した後に、焦げたニオイをものすごく感じることもなくなりましたし。多少は今でも感じますが、あの「焦げてる焦げてる〜」感はなくなりましたね。

 

 

 

それに、抑毛効果もずいぶんと長続きするようになりましたね。実は10年前に脱毛サロンでレーザー脱毛をしてもらったときは、早いむだ毛ならば約1ヶ月後に生えてきてしまいました。そして、10年も経ったところでは、結構ボーボーになっていましたね。毛の太さは細くなったように感じましたが。

 

 

 

しかし今のレーザー脱毛では1年ぐらい持っていますので、その技術の進化には驚きましたね。